健康経営

本会は、職員(本会で働く全ての従業者)の心身の健康を本会の経営にとって重要な基盤と位置付け、ここに理事長による「健康経営宣言」を示し、健康経営推進準備室を立ち上げ、健康経営への取り組みを積極的に進めていくことになりました。

健康経営宣言

東京都予防医学協会は、「人々の健康を守り、これを向上させ、福祉の促進に寄与すること」を目的に、予防医学を通じて、すべての人々の生涯健康・健康寿命の延伸をめざし健康づくり事業を展開しています。

本会が、社会に認められ評価される組織であり続けるためには、品質、サービス及び顧客満足度の向上はもちろん、職員一人ひとりが心身ともに健康で、かつ健康知識や技術を積極的にお客様に提供できる環境を備えた活力ある職場でなければなりません。

私たちは、職員の健康を重要な経営資源ととらえ、東京都医業健康保険組合と連携し、職員の健康の保持増進に積極的に取り組んでいくことにより、快適な職場づくりを推進していくことを宣言します。

公益財団法人東京都予防医学協会
理事長 小野 良樹

推進の目的

「予防医学活動(健診検査および健康教育等の健康づくり事業)を通じて人々の生涯健康、健康寿命の延伸に寄与すること」が本会の果たすべき使命です。
そのためには、予防医学の専門機関として、本会の職員一人ひとりが予防医学活動の実践者であること、すなわち高いヘルスリテラシーを持ち、心身共に健やかな状態を維持していることが重要と考えます。
また、予防医学活動の実践者であることは本会の事業そのものであることから、職員の健康は事業の生産性向上にも寄与すると考えています。
本会は、2019年10月に健康経営宣言を本会内外に発信いたしました。本会職員の生涯にわたるヘルスリテラシーの向上、健康の保持増進、快適職場づくり等の健康経営に取り組むことにより、さらなる組織の活性化をめざしていきます。

推進体制

2019年7月に健康経営事業責任者(CHO)、産業医、保健師、安全衛生委員会、総務部、健康経営アドバイザーから構成される健康経営推進準備室を立ち上げ、取り組みを開始しました。立ち上げ当初より、医療保険者とコラボヘルスの契約を締結し、連携は密に実施しました。2020年9月には健康経営推進室に名称を変更し、新たに広報室も加わり、健康経営推進施策の実践の推進、実施状況の把握、健康経営推進室への報告・相談などの役割を担う「健康経営推進担当者」を設け、その担当者を各課(科)長とし、より一体となって実施する体制を整えました。

重点施策

職員のヘルスリテラシーの向上は自身の健康の保持・増進のみならず都民の健康増進、本会の生産性向上に直結します。こうした基本理念に基づき、より職員が活き活き働き続けるために、以下の取り組みを2019年度から2023年度の重点施策としています。

主な取り組み

予防医学事業中央会が発行している『予防医学ジャーナル』第512号(令和2年5月号)に本会の取り組みを報告しました。
健康増進支援機関における健康経営の取り組み

ストレッチ教室やウォーキング大会など職員の運動機会の増進に向けた取り組みを行っています。

本会の健康宣言に基づく取り組みを「よぼう健康白書」としてまとめています。

外部からの評価

「東京都スポーツ推進企業」に認定

東京都では2015年度から、従業員のスポーツ活動の促進に向けて優れた取組やスポーツ分野における支援を実施している企業等を「東京都スポーツ推進企業」として認定しています。
本会は、2018年度から3年連続で「東京都スポーツ推進企業」に認定されました。

「スポーツエールカンパニー」に認定

スポーツ庁では、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニ―」として認定しています。
本会は、2018年から3年連続で「スポーツエールカンパニー」に認定されました。

「Sports in Life プロジェクト」参画団体

スポーツ庁が主催する「Sports in Life プロジェクト」の参画団体として認められ、ロゴマーク「Sport in Life」の使用が認められました。

「Smart Life Project」メンバー登録

厚生労働省が実施するSmart Life Projectにメンバー登録しています。

協会概要