大腸がん検診

大腸がん検診

大腸がんの5年生存率は他のがんに比べて高く60~70%と言われています。
がんが腸の壁の浅いところにとどまっている早期がんでは、5年生存率は90%以上です。この段階でがんがみつけることができれば、ほぼ完治が望めると考えられます。
このように大腸がんは早く見つけることで命が助かるがんです。早期発見・早期治療のために便潜血反応検査を用いた検診を受けましょう。
本会では早期大腸がん研究会の専門医グループと協力して、検査を受けられた方に安心して精密検査を受診していただける「精検ネットワーク」をつくり、信頼できる大腸がん検診をめざしています。
また、2015年度より本会内でも大腸内視鏡検査を開始しています。

イメージ