腎臓病検診

腎臓検診ってなんで必要なの?

腎臓病検診学校検尿は、子どもたちのさまざまな腎臓病を早期に発見し、適切な治療や生活管理につなげていくことに役立っています。
ゆっくりと目立たず進行し、知らずに放置すれば人工透析が必要になるような腎臓の病気を、尿のわずかな変化からとらえ、チェックすることができます。

尿検査のお知らせ ①
(紙媒体で名簿を提出している地区・学校用)

尿検査のお知らせ ②
(データで名簿を提出している地区・学校用)

本会の腎臓検診

約30万人の子どもの検尿を実施。フォローアップにも努力しています。
本会には長年の歴史と実績があります。

本会の腎臓検診は1966年より始まり、都内の公立小中学校と都立高校および一部の国立、私立学校について、小児腎臓専門医と連携し、年間約35万件の1次検査を実施しています。
また、専門医による専門委員会を設置し、精度管理に努めています。

最新の情報は「東京都予防医学協会年報」へ

本会の腎臓病検診のシステム

小児腎臓病相談室のご案内

本会では専門医による「小児腎臓病相談室」を開設し、異常や疾患がみつかった子どもたちや家族の相談、生活上のアドバイスなどを行っています。

相談室についてはこちら