東京から肺がんをなくす会(ALCA)

  • ホーム
  • > 東京から肺がんをなくす会(ALCA)

東京から肺がんをなくす会(ALCA)

肺を守るは、命を守る

安全で最先端の医療技術を用いた検診と共に、適切な健康指導や治療によって皆さまの肺と命を守る「東京から肺がんをなくす会(Anti-Lung Cancer Association:ALCA)」は、最も伝統と実績のある「肺専門ドック」です。

ALCAについて詳しくはこちら

イメージ

検診料金

1回 25,000円(税抜き)各種クレジットカード使用可
1回の検査料金には上記の検査や診察の他に、半年以内に行った場合の追加検査(経過観察検査)、担当医との面談あるいは電話での相談料も含まれております。
本会で行っている通常の「人間ドック」との同日受診も可能です。その場合、人間ドックの料金からCT検査分の割引の適応もありますので、申し込み時にご相談ください。

検診間隔

早期発見が目的ですので、半年ごとの検診が原則です。特に現在喫煙中の方や禁煙後10年以内の方、あるいは何らかの軽微な異常が見つかった方は、継続的な定期検診が大切です。ただし、今までタバコを全く吸わず、すべての検査で異常がなかった方は、診察担当医の判断や総合的なカンファレンスなどで検討し、検診間隔を1年ごととすることも可能です。検診の診察時にご相談ください。

検診後のサポート体制

肺がんの可能性が高い場合には、責任をもって国立がん研究センター中央病院(東京・築地)、あるいは国立がん研究センター東病院(千葉県・柏)に迅速に紹介します。軽微な異常は、本会の保健会館クリニック肺診断科外来でより精密なCT撮影などを行いますが、その費用も検診料金に含まれています。
COPDや肺炎については、本会の呼吸器内科外来、あるいは実績ある専門医療施設に紹介します。
検診時以外でも、咳や痰、胸痛など呼吸器の症状があらわれた場合には、随時、本会の担当専門医がご相談に応じます。またご要望に応じて、ご本人の「かかりつけ医」と連携して診療にあたることも可能です。
肺がんやCOPDの最大の原因はタバコですから、まずは禁煙が必要です。しかし、実際には1人の力だけで禁煙することは難しいのも事実です。
本会の保健会館クリニックには、飲み薬なども使って無理なく禁煙できるようお手伝いする禁煙外来があります。喫煙されている会員の方の相談には、随時応じています。